バイカーの皆様がガソリンタンクの容量アップを考える場合、
気軽に?取り付けられる「サブタンク」なるものを用いられますが、
今回はタンクそのものを板金加工して容量アップします。

まず両脇の赤丸部分をたたき出します。

DSC_0067
DSC_0063
DSC_0545

さらにタンク後方にも鉄板を継ぎ足し板金加工していきます。

DSC_0553
IMG_2206

パテを使ってひずみを消し、キレイに下地処理を終え、塗装して完成です。

IMG_2209
IMG_2210
ヌメヌメですなw。私なんとなくエイリアンを思い浮かべてしまいました。

タンクの構造、意匠、いくら増量したいかによって加工できる場合と出来ない場合が
ございます。


参考価格  「応段」




pop05

page_tel2page_mail
バイクタンクの凹み修理・塗装・錆取り専用お問い合わせフォームをご用意致しました。
絶版タンクの再生、錆の酷いタンクの錆取りご相談下さい。